HOME>コラム>代表取締役社長都築寛史のリンクスはメンズ脱毛ナンバーワン

代表取締役社長都築寛史のリンクスはメンズ脱毛ナンバーワン

エステティシャン

男性のための脱毛サロン

今日ではメンズ脱毛もかなり普及してきましたが、都築寛史氏が代表取締役社長としてリンクスを創業した2008年ごろには、脱毛といえば女性のものという意識が一般的でした。ムダ毛で悩む男性は女性客の多いエステサロンで、奇異の視線を浴びることも珍しくなかったといいます。そんな中でリンクスは、初の男性専用脱毛サロンとして注目を集めるようになります。現在でも脱毛サロンは数多くありますが、女性向けのエステサロンは男性には利用しにくい面があります。リンクスは男性客しかおらず、スタッフも全員が男性であるなど、男性が利用しやすいように配慮されています。それが最大手の男性用脱毛サロンとして人気になっている理由のひとつでしょう。

花

専門技能で選ぶ

都築寛史氏は2017年に代表取締役社長を退任しましたが、男性にとって居心地の良い空間を作るというコンセプトは現在も受け継がれています。衛生面に気を配りながらも、リラックスできる雰囲気を大切にしていることが、リンクスの特徴のひとつです。もちろん脱毛サロンを選ぶときには、雰囲気だけでなく技術力を重視する必要があります。リンクスのスタッフはいずれも徹底的な訓練を受けた脱毛技能士であり、安心して施術を受けることができます。また日本人の肌質に合わせたマシンを採用し、肌への負担を抑えて高い脱毛効果を実現しています。このほかカウンセリングが丁寧なこと、しつこい勧誘がないことなども、リンクスが選ばれる理由と言えるでしょう。